あなたが普段飲んでいる水は良質ですか?熱中症とミネラル不足

昔に比べると使用する水の量もはるかに上回ってきています。最近では水に対する意識も高まってきており、水道水では満足できず、少しでも上質な水を買い求めています。

ところで・・・

毎日の生活に欠かせない水は私たちの身体にどんな影響を与えているのでしょうか?

以前の熱中症は暑い夏に起こる症状だと思っていましたが、最近では鬱陶しい梅雨の時期でも熱中症になる人が増えてきました。

しかも、体力のない幼児や高齢者だけでなく若い人でもなりやすくなってきました。

気温の上昇という環境問題も大きいのですが、熱中症は、運動しすぎ極度の気温上昇から起こる体の悲鳴なんです。良く、熱射病とか日射病と呼ばれているコレら、極度の熱中症を差します。

医学的には、体温調整機能が落ちてしまい、発汗が出来ず、体温が40℃を超えてしまい死の危険もある極めて危ない症状です。太陽が原因となって起こる症状を日射病と呼びます。

この熱中症のニュースが流れるたびに「水分を十分に取るように・・・」と言われます。熱中症の予防には必ず水を摂取して欲しいものです。

しかも、1日に2リットルの摂取量が理想だと言われています。

ですが、水分供給だけでは不十分なケースがあります。塩分不足やミネラル不足の方が問題なケースがあるのです。

高血圧や糖尿病患者には塩分が良くないと指導され、醤油や味噌、濃い味のものなどを控えうように指導されることが良くありますが、暑い季節や湿度が高い梅雨や夏には、塩分補給が水分補給同様に大切なんです。

熱中症では汗をかいて体の中の水が不足するとめまいや立ちくらみ、体がだるくなる・・・などの症状がでてきてしまいます。

さらに熱中症が重症になってしまうとけいれんや意識障害など様々な症状が起きてしまいます。日頃から水分と適度な塩分補給を心がけたいものです。

しかし、いくら水分を多量に飲んでも「良質の水」でなくてはいけません。同じ水分でも品質によっては水の働きが随分違ってきます。

実際、最近では多くの種類の水が店頭に並んでいるのでどれを選んで迷っている人も多いのではないでしょうか?

良質の水と言われている地下水は長い期間をかけて地中深くに流れている水が地質に含まれる多くのミネラル分を含んでいます。

長い時間をかけてゆっくり地下を流れれば流れるほど良質の水だということです。
日本ような島国では、山が急なため、あまりミネラルを含む水は多くはありません・・・。

また、多くのミネラルを含んだ水が流れている環境は工場や住宅の近くでなく自然豊かな場所です。

土地の環境が良ければいいほど良質の水が生まれてきます。このような良い水の効果はデトックス作用や生活習慣病の予防に効果があると言われています。

また、体内への吸収率が高いので老廃物の排泄や血液をサラサラにしてくれる効果があります。

なので、高血圧や余分な脂肪を排泄してくれて生活習慣病やダイエットにも期待されます。

普段、水道水だけの生活では、ミネラルを含む良質な水を摂ることは残念ながら出来ません・・・。

やはり、良質な水はウォーターサーバーなどの宅配水を購入するのが一番、お手軽な方法なんですよね。

あなたも、ウォーターサーバーで健康で安心な宅配水生活を始めてみませんか?