コップに入った飲料水

何気なく飲んでいる飲料水にこだわってみませんか?

5月は1年の中で一番過ごしやすい季節のはずが今年は少し様子が違います。

5月だというのに真夏日が続き熱中症で病院に運ばれている人のニュースが流れています。既に熱中症は5月、6月と増え続け、7月から8月にピークを迎えます。

熱中症は春から始まる?

小学校や中学校では過ごしやすい5月に運動会を実行するようになってからも熱中症で体調不良を訴える生徒が多くなっています。

またこの時期はあちこちでスポーツやマラソン大会などのイベントを主催する自治体も増えているため熱中症には十分気を付けなければいけません。

特に体力のない幼い子供や80歳以上の高齢者には注意を呼び掛けています。

万が一熱中症の症状が出てしまったときは衣類を緩めて涼しい場所で休んで

水分を十分補給してあげることが大事です。

しかし、熱中症は屋外だけで起きるものではありません。

屋内でも高温多湿な環境に身体が上手に適応できなくなった場合にも体調不良をおこします。

症状としてめまいや頭痛・吐き気・めまいなど意識障害と体温ん上昇を引き起こしてしまいます。

特に、高齢者の中には室内や就寝中に熱中症にかかってしまい家族が見つけて医療機関に運ばれたケースもよくあります。

またこの時気を付けたいことは水分と一緒に塩分を摂取することが大事です。

毎日2L以上の水分が必要

その中で一般的に成人は汗で水分を2L以上体内から失うといわれています。

特に夏場では2.5Lが体内から汗や尿によってなくなっていきます

なので、なるべく良質な飲料水を摂取することをおススメします。

特に最近で水に対してこだわる人が増えてきました。

人間の体は70%以上が水分でできています。

アンチエイジングと水

そのため少しでも良質な水を毎日摂取することで健康や美容にも影響がでてきます。

例えばアルカリイオン水を摂取続けると疲労回復や胃酸過多の改善・下痢・高血圧予防・美容効果があるといわれています。

最近ではアンチエイジングとして若い女性の間でも積極的により入れています。

アルカリイオン水は家庭でも簡単に整水器で作ることができます。

健康的な人の体液はPH値が7.4の弱アリカ性なので市販されているミネラルや整水器で作られる

アルカリイオン水は体と相性がいいのでしょうね!!