熱中症

水中毒と熱中症の違い!あなたは大丈夫?

連日TVのニュースでは熱中症で運ばれていく様子が報道されています。この熱中症の発症は屋外だけではないことは皆さんもご存知かもしれませんね。

室内で普通の生活をしている人でもかかってしまうので厄介です。

特に高齢者は熱中症にかかる確率が高いため、室内でも無理をせず扇風機やエアコンを使うように働きかけている光景がテレビなどでも良く見られます。

熱中症の症状は様々ですが、めまいやふらつき・頭痛などが初期症状にでてきます。

しかし、


日頃から体がだるいとか頭痛がある人は熱中症の区別がつかない場合があります。

特に高齢者の人は熱を感じる感覚が鈍くなるため初期症状に気づかず意識がもうろうとしてきて自分でも判断ができずそのまま倒れて意識がなくなる場合があります。

なので、喉が渇いたと思う前に日頃から水分を補給する習慣を身につける必要があります。

熱中症の予防に飲む水は大事なのですが、ダイエットやデトックスの為に大量に水を飲む人が中にはいます。もちろん体内の老廃物を排出するためのデトックス作用が水の中にはあります。

しかし、大量に水分を飲むことで「水中毒」という症状が出る場合があります。この「水中毒」は水を必要以上に飲むことでナトリウムのバランスが崩れてしまいめまいや吐き気・嘔吐・頭痛などの症状がでることをいいます。

非常に熱中症と症状は似ていますが、熱中症が水分やミネラル不足で起こるのに対し、水中毒は水分の過剰な摂取でおこるところが違います。

夏場は水分を意識して摂っているのに、めまいや吐き気・嘔吐・頭痛などが起こりやすい人は自分が毎日何リットルの水分を摂っているのか一度、計算したほうが良いかもしれません。

特に注意が必要のは腎臓病や腎臓透析などの病気を持っている人は重症化になることがあります。

もちろん、水は適量ならダイエット効果や血液をサラサラにして基礎代謝を高めて冷え性にも効果があります。

また、便や尿・汗などと一緒に体内の老廃物を排出してくれてリンパの流れも良くしてくれます。一日に飲む量として約1.5リットルから2リットルを補給するといいと言われています。

特に、朝起きた時にコップ1杯の水は寝ている間に皮膚や呼吸で失った水分を補給するために重要な水分だと考えられていますので、年齢に関係なく朝から水分はしっかり取りたいところです。